北海道
post archives list
【 コンパクト農ライフ塾第6期開講 】
北海道
清水 省吾

【 コンパクト農ライフ塾第6期開講 】

地域資源をフルに活かす! 使ってばっかで荒れ果てたらポイ。知らん顔なんて、そんな雑な林業しちゃいけませんね。 最近大規模バイオマスの講演をきいて、「カナダ等の森林にまで迷惑かけてんのかよ!」ってまた僕の気持ちが発電されました。林業の基盤が出来てないのに大規模バイオマス発電なんてやるなし。

里山部 ギアのメンテナンス
北海道
清水 省吾

ウェアの洗濯とギアのメンテナンス

おっし!ウェアの洗濯とギアのメンテナンス終わり!! 流石のORでも手袋はやはり破けてもうた。暖かく牛革で刃物にも強いのが良かったけど、林業用途にしたらやはり難しい。恐らく外側に防刃を施さなきゃ一ヶ月もたん。でもまぁ、一ヶ月頑張ってくれただけ、他の手袋より断然良し!縫って直そう。 気合いれて行こうとしたら、強風でやる気を遮られる。やめた。部屋でぬくぬくしよう(=w=

北海道
takeshi

朱鞠内湖:気温マイナス29度の撮影へ

北海道の朱鞠内湖にて、朝5時の撮影開始時点で氷点下-30度。ジェットスキーの迎えが9時間後という世界から生還しました。 Patagonia社の製品PRの撮影に挑みましたが、カメラ機材は殆ど機能せず、バッテリーすら作動しない。細かいカメラ機械操作のために手袋を外せば数秒で指も凍傷モード。 クルー達とも、もはや生き延びるための生命維持活動一択のような動かしできないか試練となり、しかし、生還したあとの皆と乗り越えた時の喜び、絆、繋がりみたいなものが生まれたのを確かに感じました。

里山部
北海道
清水 省吾

明和地所様の寄付を受けてこんなに素敵な冊子ができました

あれ、下書き保存ってされなくなったの?全力で書いた文章が消えたんだけど。絶望のFacebookや。やらかした。 つまりその、明和地所様の寄付を受けてこんなに素敵な冊子ができました。これは3年間かな、ここに登場してくる皆様と一緒に旭川の高校生に「木のまち旭川 未来づくり感響プロジェクト」と題して、大学教授、木こり(僕)や家具職人、デザインセンター(旭川家具の展示ルームといいますか、旭川家具の魅力などを紹介している)の方、森林室の方などと、「木」に関係する人たちで座学と現地実習を行い、鮮度バリバリな活きた学習プログラムを展開しておりまして、その最後の年に、これらをまとめた素敵冊子を作ろう!となっておりました。 きちんと、家具づくりのプロセスを、森、製造、販売の3つの視点からみたんですね。

北海道
斉藤大介

2021年 新春のタンチョウ鶴に鶴居村へ会いに行く旅

2020年最後の日 ハミたんずが凍えながら釣りをしている一方で僕は車を東へ東へと走らせました 着いたのはもう遅い時間、気温は−17℃ですが車中で一人年越しをすることにします