パタゴニア(patagonia)
post archives list
patagonia puff jaket
北海道
刑部広平

Patagonia「パフジャケット」極寒の北海道でおじいちゃんが着ていたお下がりをリユース

今年で49年目の歴史を刻むアウトドアメーカー「パタゴニア」 環境問題に警鐘をならし、企業として環境負荷の少ない高性能な製品をその長い歴史の中で確立させて来たアメリカの会社です。 製品の主軸の【化学繊維のジャケット】はいち早く時代の最先端を牽引して来ました。

アフター単体
北海道
刑部広平

patagonia×ダナーウェーディングブーツ 一生履き続けるためのプロのメンテナンス術をご紹介!

「最も情熱的なアングラーのために最高の製品をつくる」をコンセプトに、アメリカを代表するシューズメーカー「Danner」と「patagonia」がコラボしたウェーディングブーツ。 一生付き合えるウェーディングブーツとして販売している製品ですが、長く使うのであればそれなりの手入れが必須ですよね? 2019年3月4日の発売から2022年3月1日までの丸3年使用ほぼ手入れをしていなかったので

パタゴニア×ダナー
北海道
刑部広平

パタゴニア×ダナー釣りをストーリーにするウェーディングブーツをご紹介!

全てのウェーデングシューズの集大成とも言えるギア。アウトドアメーカーのパタゴニアとアメリカが誇るシューズブランドのダナーが、独自のセンスで開発した人気急上昇中のコラボ製品。2019年にリリースされた製品だが、発売当時から「最後のウェーディングシューズ」と呼ばれ、業界内でもその評価はかなり高い。 その理由としては、さまざまなフィッシングフィールドで長らくテストを繰り返した企業努力の結果とも言えます。 低プライス低コストで使い捨てを推奨するようなメーカーとは一線をひいた超名作となり得るギアは、今後、アウトドア界隈のフィッシングシーンを牽引するウェーディングシューズなるのでは?

バギーズショーツ5インチ
北海道
刑部広平

patagonia2022年バギーズショーツを徹底解説

アウトドアメーカー「patagonia」の名前を知っている人は、決して少なくはないだろう。 1973年パタゴニアはカルフォルニア州のベンチュラで産声をあげた。 そして、今回特集するバギーズショーツはパタゴニアが誇るロングテール製品として名高い。

パタゴニア スナップT
北海道
刑部広平

patagonia 古着屋で出会った2009年製のシンチラスナップTフリース-個性的な一品!-

今回は往年の名作フリースのpatagonia「シンチラスナップT」を古着屋さんで見つけて衝動買いしてしまったのでご紹介します! 35年間もアウトドア・タウンユースでも支持され続け、街やメディアでもよく目にする「シンチラスナップT」はいったいどんなフリースなのでしょうか? そんなスナップTの魅力やおすすめな理由、洗濯方法など元Patagoniaスタッフが徹底解説します!

里山部
北海道
清水 省吾

【森と木のお勉強】400年近いミズナラの無垢板テーブル

2日目は森と木のお勉強。 明治神宮、鳥居の工事でしょうか、始まってましたね!皆んなの岡橋先生の吉野杉がいよいよでしょうか?楽しみですね! 明治神宮のコナラ、キクイムシの影響で枯れ始めた木が目立ちます。