8.5 C
New York
Wednesday, October 21, 2020
Home OUTDOOR FISHING 阿寒川 fishing t...

阿寒川 fishing trip〜ウエア・ギア編〜

 

みなさんこんにちは。

前回のブログ

阿寒川 fishing trip〜ニジマス編〜

に続き、ブログ書かせて頂きます。今回は

ウエア&ギア

に焦点を当てていこうと思います。

是非お付き合いください!

 

 

 

今回のフィッシングトリップ。

道東・釧路市阿寒町を流れる阿寒川が今回の旅の目的地。

深夜に家を出発し、朝の5時頃に到着!

コンビニで遊魚券を購入し、お目当ての阿寒川に向かいます。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

⚠︎この河川には、いくつかのレギュレーションが存在し、遊魚券を購入したり、使用する針に関しても決まりがあります。

阿寒川で釣りをされる際には、事前にレギュレーションをチェックする事をオススメします。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

妻と二人で釣ったニジマスの数々。

 

その中でもこの子が最大級に大きな個体。

詳しい釣果は、ここでは割愛します!

 

 

早速ですが、今回の阿寒川釣行で使用したウエアやギアをそれぞれ簡単にご紹介!

 

 

 

patagonia

サイマル・アルパイン・パンツ

ハードなロッククライミングにも耐える、タフで動きやすいパンツ。

 

ちなみに、通常は上写真の様にウェーダー(胴長)を履いて釣りをするもの。

しかし、猛暑の中ではウェーダー内はムレムレで汗だく。そんな時、

ウェットウェーディングスタイル

というフィッシングスタイルが存在します。

 

つまり、上写真の様にウェーダーを履かず、ショーツや速乾性パンツを履いて釣りをするスタイルの事です。

川の水が程よく冷たくて気持ち〜。

速乾性、耐久性、機動性どれをとっても大満足。

今回、私は渓流釣りで使用してみましたが、クライミング以外のアウトドアでも活躍する事が証明されました!

 

 

patagonia

ネオプレン・ソックス・ウィズ・グラベル・ガード

上記の” ウェットウェーディングスタイル “で活躍する、ネオプレン製ソックスです。

( 現在は廃盤となりましたが、パタゴニアが得意とする素材『ユーレックス』に切り替わり再登場してますので、是非チェックしてみて下さい )

暑い日の釣りに是非試してもらいたいアイテムです。

 

 

patagonia

ロングスリーブ・ソル・パトロール・シャツ

リップストップポリエステル100%で出来た速乾性シャツ。

とにかく乾くのが早い!そして軽い!

 

この様にフォーセップ等を取り付けるループが備わっています。

ポケットもたくさん。

 

レディースモデルもあります。

カラーが素敵!

ソルパトロールシャツは、フィッシャーマンに是非ともオススメしたいアイテムです!

 

 

patagonia

フーディニ・ジャケット

言わずと知れた、パタゴニアの超軽量ウインドシェルです。

ちなみに、” フーディニ “とは

マジシャンの名前

に由来します。

読み方、発音は様々ですが、他メーカーの製品名やブランド名にも採用されるほど影響力のあるワード。

薄くて軽くて丈夫。そして小さくパッキングできる機能から

『魔法のように消える』

という、このアイテムとマジシャン両方が持つ共通点から、この名称が与えられました。

 

一度は所有して欲しい。

皆様に自信を持ってオススメしたい逸品です!

 

 

patagonia

ストームフロント・パック

パタゴニアの完全防水バックパック。

TIジップとTPU( サーモプラスチック・ポリウレタン )というハイテク機能盛り沢山のこのバックパックは、高い気密性を誇ります。

なんと、 浮き袋 “にもなります。

ゼッタイ溺れたくはありませんが、緊急事態には重宝する機能です。

釣りはもちろんのこと、雨の日のハイキングやサイクリングでも大活躍。

なお、フーディニ・ジャケットストームフロントシリーズに関しては、

patagoniaのアウトドアギア7選とその優良ポイントをご紹介

という前記事でさらに詳しく紹介されてますので、是非そちらもご覧下さい。

 

 

 

贅沢な阿寒川釣行でした。

またすぐにでも行きたい。。。

みなさんも、怪我のないよう野外アクティビティ満喫してしてください!!

 

 

 

阿木裕介
阿木裕介
苫小牧生まれ札幌市在住のフィッシャーマン。 渓流ルアーフィッシングの他、自転車、キャンプ、ドライブも趣味とする。 トラウト大好き!北海道大好き!食べるの大好き! アウトドアやドライブを通して北海道の魅力を発信し、少しでも多くの方に知ってもらえたら光栄です。

NEW POST

パタゴニアフリースの魅力

素晴らしきパタゴニア製品の数々。 特にその中でも...

北海道で軽井沢旅行・後編

北海道と軽井沢は似ているという戯言の続き。 ...

シャケバイTシャツ

毎年恒例らしいシャケバイTシャツ! 休み返上で仕...

軽井沢で北海道旅行・前編

皆さま、このたびは手宮線(廃線)をご利用いただきま...

梅花藻の清流とサクラマスの産卵とブルックトラウト

野生のラッコを探した翌日に道東地方の湧水河川に...

インフレーション的増殖

豆殻から きのこが わさわさ 生...

chirai(チライ)という名のレストラン

以前から行きたかった旭川市の江丹別町にあるレスト...

元花屋がレクチャー・重陽の節句

重陽の節句をご存知ですか? 私も花を習うまで、恥...