パタゴニア プロビジョンズ
HomeAREAHOKKAIDOトマトの自家採取

トマトの自家採取

発酵中

全17品種

タネはその年の天候などの環境を記憶して、その土地でタネを繋ぐために進化していく

つまり

タネはその土地の波長を記憶して、その波長と共鳴するように進化していく

波長を意識すると、物事を変化させることができる(発酵という)

タネは振動しなくなると芽が出なくなる

タネに振動を与えると発芽が早くなる

世の中は、波長でできているからだ

自家採取の本質もそこにある

固定種や在来種はいいけど、F1はダメだという議論は本質から遠ざかっているかもしれない

タネに善悪は無い

自然界にも善悪は無く、善のみが存在する

人の考え方に善悪が存在するだけだ

分離感では無く、一体感で考えていきたい

パタゴニア プロビジョンズ
パタゴニア
LALALA FARMhttps://biastra.jp/i/relay/1797
PROFILE 服部吉弘(はっとり・よしひろ) 有機・自然栽培 Lalala Farm(ラララファーム) 1977年生まれ名古屋出身。2001年日本大学土木工学科を卒業後、土木施工管理技士を経て、4年間の農業研修後2010年就農。ニセコにある Lalala Farmでは自然に沿った循環型農業で農、お酒造り、微生物研究までの本質を追求している。
- Advertisment -パタゴニア プロビジョンズ

NEW POST