北海道はトラウト達の楽園!

北海道では、春夏秋冬すべてのシーズンでトラウトフィッシングが可能です。

海、川、湖といったフィールドで気軽に楽しめる釣りでありますが、

なんと!自宅から徒歩30秒で気軽にイワナに出会える場所があったのでご紹介させていただきます。

2月の冬真っ只中でのイワナ釣り

本州では、まだ渓流釣り解禁前ですが、北海道なら河川が凍りさえしなければいつでも釣りを楽しむことができます。

特にイワナ(エゾイワナ)は低水温でも活性が高く、真冬でも比較的狙いやすいターゲットなんです。

この2月のクソ寒い中でも、近所で魚が釣れる喜びは田舎に住む特権かもしれませんね!

降海型のアメマスがかかることも…

そんなバカみたいに寒い2月の北海道で、ものすごくアツい釣りがあります。

それは…”海アメ釣り”です!

海アメとは、降海型のエゾイワナの俗称なのですが沿岸を回遊する個体が多いため、ショアから狙える北海道ではポピュラーなターゲットで人気がありますね!

そんなエゾイワナは本州の”ヤマトイワナ”や”ニッコウイワナ”とは違い、かなりの個体が降海する性質があります。

そんな海アメは特に、道南エリアの個体は頻繁に降海⇆河川遡上を繰り返す個体が多いと言われており、この川もそれに該当するため、稀にこの真冬でも50センチ近い個体も遡上している。

まさに『自宅から30秒の夢のフィールド』なんです!

今回はFlyFishingでイワナ釣りをしましたが、ルアーや餌釣りでもよく反応してくれる魚です!

関連記事

アメマスとはイワナいで… エゾイワナのお話し【しまブロお魚図鑑】

今回使用したタックル

〜タックル〜

ロッド ORVIS HLS 8.6f #4

リール Pflueger Medalist CJ 1942

ライン river peak DT-4(半分にカットしています)

リーダー TIEMCO STANDARD 3x9FT

ティペット TEMCO Misty Plus 4x

フライ ソフトハックル系→ゴールドのマイラーチューブボディのピンクマラブーの”なんちゃってストリーマー#8”

この川フライのテストでも利用しています

よく新作フライのテストで利用できるのも良い点です!

  • フライが見やすい
  • 魚の反応もわかる
  • 流水でのスイムテストも可

フィードバック後に自宅で微調整してすぐに再テストできるのもよいです笑

これ、きっとルアービルドを自身でされるルアーアングラーさんにとってもものすごくよいですね!

是非、釣り好きな方は、トラウトが居る川のそばにお引っ越しをご検討ください!

それから是非チャンネル登録をお願いいたしますm(__)m

関連記事






 

パタゴニア