田舎移住日誌〜島牧村でサクラマス釣ってみた〜

こんにちわ!刑部です。

ここ2日ほど海が時化て、今日やっと良いコンディションになったので、朝から釣りへ行ってきたました( ´ ▽ ` )

狙いは“海のサクラマス”

どんな魚が釣れたでしょうか?!

ポイント・コンディション

まず、ポイントは保護河川の泊川右岸の通称“エネオス裏”に入りました。

風は北西2m、波も1mとサクラマスを釣るには良い条件でした(о´∀`о)

ここは手前から「ドン深」になっているポイントで、カケ上がりが非常に近いため意外と近場をサクラマスが回遊するポイントです。

通称“エネオス裏”

駐車スペースが限られるため近隣の迷惑にならないように注意が必要。

また、波がたかいときは危険なポイントですので無理は禁物!必ずライフジャケットを着用しましょう( ^ω^ )

ミノーで手前をブリブリやっちゃうぜ!

今日はルアー釣りで挑戦です。

バックにテトラが連続してあるため、フライのオーバーヘッドが不可能。スペイ系のキャスティングであればフライフィッシングも可能ですが、立ち込みができないのでミノーを投げます(´∀`)

夜明けから何度かルアーチェンジを繰り返して、DAIWA ショアラインシャイナーZ LDS 120 (今はもう売ってないルアーでボロボロ笑)を結びます!

とにかくぶん投げて、着水後に軽くジャークからの“ただまき巻”です( ´ ▽ ` )

「ボチャン!ぶりぶり〜!ぶりぶりぶりぶり〜」って感じですね♪(うんこじゃないですよw)

けっこう一発目のジャークから食ってくる場合があるので神経を集中させて、リーリングで合わせる気持ちで巻いてます♪♪

ギラっと輝く魚影

しつこくぶん投げ〜

ぶりぶり泳がせ〜

とにかくぶりぶりが心地良いので飽きません笑

そして、いい感じで潮が効いているポイントをみつけたので

しつこく「ぶりぶり」させます(´∀`)

するとググググと生命反応♪

“向こう合わせ”でフッキングさせるとバレにくいにでロッドにテンションが掛かってから軽く合わせます(´∀`)

僕の場合はドラグはゆるゆる。手でラインが簡単に出るくらいで設定しとります。

ぐりぐり魚を寄せてくると太陽に反射したギラっと輝く魚影!

波打ち際でバラしが多いので要注意!寄せ波で一気に寄せて現れたのは…。

サクラマスちゃんでした(^○^)45センチほどでしょう!

まだまだ小ぶりですね♪♪でも、嬉しい!

札幌から遊びにきた友人もミノーサクラマスを釣り上げ坊主回避!

昼飯からの!

自宅で昼食をとってから気分をかえて次のポイントへ移動です( ´ ▽ ` )

中の川

場所は島牧村東部に位置する歌島海岸♪

ここは西のコベチャナイ川から東の歌島川まで遠浅の砂浜でだだっ広いサーフが淡々と続いています(´∀`)

広くさぐるために、ルアーはメタルジグ!

P-BOY キャスティングジグ グリーンバック あわびシートカスタム35gを大遠投!からのまきまきしちゃいます!

ぶっ飛ばすと気分爽快ですね笑

ここでも着水後のジャーク&ただまきでボーっとしときます( ^ω^ )

どうしても釣れないと「どれだけ遠くに飛ばせるか」という遊びになるので注意が必要ですw

よくボーリング場で2ゲーム以降にやってしまう「どれだけ速球を転がせるか」みたいなw

まぁ、そんな感じで「どれだけ遠くに飛ばせるか」遊びをしていると、リーリング強制ストーップ!!!

グイン!グイン!グイン!

と言った感じで首振り〜

やっぱりアメマスくんじゃーい>* ))))><

しかし、まぁまぁナイスな感じじゃないの〜?

優しくリリースし、今日も楽しめたので撤収することにしました( ^ω^ )

関連記事

田舎移住日誌〜島牧村でサクラマス釣ってみた2〜

サクラマスいただきます

さて、そんなところで夕ご飯にサクラマスをいただきます。

総長こと吉澤俊輔氏の住む‘ハルの家’で料理してもらいます!

庭に自生しているアサツキとバターでソース作り♪

田んぼの畔でワサビを今年初収穫!

ワサビは地域おこし協力隊の平岡譲くんが担当します( ^ω^ )

島牧ユースホステルからボタンエビの差し入れも届きました!

あとはサクラマスが焼けるのを待ちます!

譲くん、僕、カメラマンほってぃー

もう待ちきれないねぇ( ´ ▽ ` )

吉澤俊輔作 サクラマスとアサツキソースのソテー完成!!

みんなで食べるご飯は最高ネ♪♪

美味すぎて言葉が出ない。

今回の夕飯の食料自給率は95%くらいかな?

とれたての食材はエネルギーに満ちている感じで舌がよろこびますねぇ。

身体を動かしてうまいもん食って寝るというサイコーな一日でした!

大自然に感謝!

次回!味噌作りにチャレンジ!

乞うご期待( ^∀^)

関連記事

北海道の田舎へ移住日誌〜手前味噌仕込編〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。