8.5 C
New York
Thursday, November 26, 2020
Home NATURE 豊かな大地と海と空
category :

豊かな大地と海と空

豊かな大地と海と空が私たちの命の源です。

先日寿都の町長が核廃棄物の最終処分場の選定に応募を検討していると言うニュースがありました。ちょっとタイムラグができましたが、本当に憤りを覚えるとしか言いようがありません。私たちの大切な未来を魂をお金で売らないで欲しい。

人はお金だけで豊かにはなれないことをもうみんな知っていますよ。

国政にしても小さな町にしても、モラルの欠如と言うか、本当に未来を考えた行動なのかと見識を疑います。どんな未来を子供たちに残したいのかが全く見えてきません。

そもそも、核廃棄物の最終処分方法が決まらないまま原子力発電所を稼働させていること自体がおかしなことですが、その矛盾をお金で小さな自治体に押し付けるやり方がいかにも頭にくる!怒ってはいけないと思いつつ、やはり怒らなければいけない時は怒るべきですね!

そして、そのエネルギーに依存した暮らしをしている私たち自身にももちろん責任があります。

かねがね思っていますが、政治を職業にしてはいけないと。

そろそろ個人が自ら考え行動する時代になります。私たち一人一人が何気ない普段の暮らしとこの地球がどう繋がっているかを意識して日々の選択をしなければなりません。もう若い人たちはそうやって動き始めていますよ。

時代はまさに変わろうとしています。時代錯誤の皆さまにはもうご隠居願いたい!

category :
吉澤俊輔http://biastra.jp/i/relay/1933
さくらの咲くところ 代表 1978年北海道島牧村生まれ。幼少期より、海と山に囲まれた島牧の豊かな自然の中で育つ。島牧ユースホステルを営む父の影響もあり島牧村を訪れる人のガイド役としても日夜活動する。隣接するサスティナブルな暮らしを目指した「はるの家」は自身でリノベーションした。自然と共にある暮らしを提案する「さくらの咲くところ」の活動も展開。自然栽培での田んぼや畑もはじめ、自給率の極めて高い生活を実現している。

NEW POST

パタゴニア×ダナー釣りをストーリーにするウェーディ...

あらゆるウェーデングシューズの集大成とも言えるギア...

FlyFishig De 11月の大型ニジマスを釣...

 冬将軍到来まえの荒喰いを逃す前に...

社員をサーフィンに行かせよう〜パタゴニアのぶっ飛ん...

自分の仕事に意味を持ち、限られた時間で最大限に遊び...

パタゴニア “キャプリーン・エア ”寒さに勝つため...

極寒の自然環境で遊び尽くす、全ての方へ。 真...

給食は食べる教科書

「子供たちは、どんな給食を食べているの?そしてそれ...

ダムのスリット化

先日、お休みを利用して " 流域の自然を考えるネ...

自給自足的試み!鶏を絞めて丸焼きにするまでやってみ...

冬までたまごを産んでくれた鶏を絞めることになっ...