8.5 C
New York
Thursday, November 26, 2020
Home NATURE 9月20日イチャンコプロジ...
category :

9月20日イチャンコプロジェクトフィールドワークのお誘い【下川町】

イチャンコプロジェクトでは、昨秋、道南を中心に河川調査を行う稗田一俊さんをお招きし、サンル川や支流にある砂防ダムを見学しながら川の本来の姿や役割について学ぶフィールドワークを行いました。
生憎の雨に寒空でしたが、多くの方が稗田さんに質問される熱気やアンケートからまた参加したいとの声に、今年はサクラマスの生態や産卵に適した状況などを流域を歩きながらお話しいただこうと思います。
例年9月中旬はサンル川のサクラマスの遡上のピーク。 川沿いの林道を歩きながら、道南でサクラマスの遡上回復に尽力される稗田さんのお話からサクラマスについて深く知る機会になればと思います。ご参加をおまちしています。
日時 9月20日日曜 11:00 にぎわい広場集合           16:00 にぎわい広場解散
持ち物  汚れても良い靴、歩きやすい格好、帽子、おにぎり(簡単な昼食)、飲み物、雨具(天候によって)
お問合せ イチャンコプロジェクト事務局 mail:i chanko.project@gmail.com tel:08040403632

稗田一俊

稗田一俊

フリーランスフォトグラファー。現場の記録を担当。

東京多摩川でヤマメの自然産卵を撮影後、北海道でサケやイトウをはじめ、ヒグマなど野生動物の撮影を手がける。川から魚が姿を消すことや、森林施業後の立ち枯れに疑問を持ち、ダムや森林施業の問題に辿り着き、現場の記録を行う。

流域の自然を考えるネットワークより引用

 

イチャンコプロジェクトとは

イチャンコプロジェクト
イチャンコプロジェクト2019より「サンル川上流域のヤマメ釣り」

イチャンコは北海道の先住民アイヌの言葉で「ヤマメ」を意味する。

イチャンコプロジェクトは北海道上川地方に位置する下川町を流れる「サンル川」の自然環境を野外アクテビティを通して保全している団体である。

2017年から毎年イベントをおこなっており(2020年はCOVID-19の影響で大々的なイベントなし)地元下川町の子供達を中心にサンル川の豊かな自然環境を発信している団体である。

サンル川とは

サンル川とは、北海道上川総合振興局管内、上川郡下川町の珊瑠(さんる)地区を流れる天塩川水系の一級河川で、名寄川最長の支流。

道内随一を誇るサクラマス(ヤマメ)の自然産卵河川であり、古くから地元住民や釣り人の間で親しまれてきた。

1989年に実施計画調査に着手しており、2018年に20年もの歳月を費やし「サンルダム」が竣工した。

目的としては洪水調整・流水維持・水道水・発電。

しかし、過疎が進む中建設そのものの賛否があり、工事の途中中断などもあった。

北海道のなかでも手付かずの自然が残る地域であったため、その目的を今一度見直す必要がある河川である。

category :
刑部広平
1987年11月6日生まれ 北海道当別町出身 調理師、アウトドアアパレルメーカ Patagonia札幌北ストアを経て2019春に島牧村へ移住 趣味のFlyfishingを楽しみスローな暮らしを目指している

NEW POST

パタゴニア×ダナー釣りをストーリーにするウェーディ...

あらゆるウェーデングシューズの集大成とも言えるギア...

FlyFishig De 11月の大型ニジマスを釣...

 冬将軍到来まえの荒喰いを逃す前に...

社員をサーフィンに行かせよう〜パタゴニアのぶっ飛ん...

自分の仕事に意味を持ち、限られた時間で最大限に遊び...

パタゴニア “キャプリーン・エア ”寒さに勝つため...

極寒の自然環境で遊び尽くす、全ての方へ。 真...

給食は食べる教科書

「子供たちは、どんな給食を食べているの?そしてそれ...

ダムのスリット化

先日、お休みを利用して " 流域の自然を考えるネ...

自給自足的試み!鶏を絞めて丸焼きにするまでやってみ...

冬までたまごを産んでくれた鶏を絞めることになっ...