シゼトモ米の発芽

シゼトモ米の発芽

12年
種をつなぎ
昨年の大不作も乗り越えた
エリートたち

生き抜くとは
繋ぎ続けること

生きるとは
繋いでゆくこと

競争のゆく果ては
繋ぎゆくことが
不可能になる

となり

共存
共有
共鳴なくして

存在の合理性など
あり得ない

競争させられ

競争することが
当たり前
の意識ほど
危険なことはなく

何かを犠牲にして
得たものなど
また、
何かの犠牲になる
その連鎖は
断ち切れることはない

自我は
そのベクトルのまま
より細分化され
小さくなり

内包するアイデンティティを
少しづつ
広義へと
落とし込む

人の為に
なんて
大それた目標を
出来もしてないのに
大人は子供に
軽々しく口にする

無責任に
リアリティはなく
そんな戯言は
何かに届くのだろうか

自利は 自利のままでよく
自我の解釈さえ
大きくなれば
その意味は1つになり

それが所謂
one ness
という精神状態になるのであろう

自然は、いつも
自利のまま
ワンネスであり続け
利他 を成している

種とは
そんなものであろう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。