当別町の新駅“ロイズタウン”がJR北海道学園都市線に2022年3月12日に開業しました‼︎

ベジフリークス ロイズタウン駅
ベジフリークス ロイズタウン駅

地元企業のロイズが約10億円を出資し、2022年3月12日に新たに開業した新駅です。

なんと北海道の在来線では2002年に道南七飯町で開業した、流山温泉駅以来の20年ぶりに新駅として生まれました(^ ^)

ブルーのカラーが象徴的な駅です!

JR北海道も路線廃止が進む中、我が当別町に新たな風を拭き入れるROYCEの企業努力に感服です。

ほんと当別をもっともりあげていきたいですね!

周辺はまだまだ何もない状態ですが、現地の状況をすこしでもわかりやすく書いていこうと思います。

春もすぐそこ!電車でROYCEに向かうお客さんでたくさんでした

さすがに3月と言ってもいまだに寒い北海道。

春の南風が強く体感温度は結構下がります。

ですが、お客さんは元気!みなさん徒歩でお買い物をしていました。

しかし、今現在(2022年3月13日)は歩道が全くない状態です。

徒歩で買い物にでかけるのであれば、少し注意が必要ですね!

ロイズ直売店 太美工場

ベジフリークス ロイズタウン駅

ロイズファクトリー駅から徒歩で10分ほどで工場隣接の直売所があります!

ここでしか見ることのできない施設やここでしか購入できないレアグッツがあるかも!?

では、少し中の施設を見ていきましょう!

ROYCE CACAO &CHOCOLATE TOWNへ潜入

ベジフリークス ロイズタウン駅

入るとすぐに不思議なオブジェクトが目に入ってきます。

チョコレートの原料のカカオを模したオブジェみたいですね!

一瞬「ラグビーボールか..??」と正直おもってしまいました笑

ロイズは「世界カカオ財団」(WCF)のメンバーとのことでカカオ農家へのサポートを行うことにより、持続可能な事業展開をおこなっている企業の一つです。

他にも、プラスチック製品の削減や、CO2削減の取り組みなど、モノづくりをする企業として責任ある活動をしています。

兎にも角にも、生チョコレート含むロイズの看板商品の原料“カカオ”をすごく大切にしているとおもいました^^

ロイズ

超巨大なカカオベンチ。

というか、カカオの中ってこうなってたんだ…(とうもろこしだと思ってた)

こちらは売店コーナーです。

ほんとたくさんのお客さんがいました。

売店には焼きたてのパンや、ソフトクリーム、文房具などのROYCEオリジナル商品などかれこれ30分くらいはじっくり楽しむことができました。

 

また、周辺はまだ未開拓ですが、国道337号線にある道の駅北欧の風とうべつや、ロイズふとみ工場へのアクセスは抜群!

暖かい時期であれば、ピクニックがてらロイズタウン駅から徒歩で遊びにいけます!

 

 

まだ小さい赤ちゃん駅ですが、ベジフリークスもいろいろなサービスを提供できるようにロイズタウンと一緒に成長できる様頑張ります( ・∇・)

さっそくSHIMABLO MAPにもピンを打ったので探してみてくださいw

周辺の面白い情報が見つかるかも〜

関連記事

ベジフリークス 合同会社

ベジフリークス 合同会社

“農家とあなたが知り合い 農家・消費者・企業をつなぐきっかけをつくる” をミッションに
北海道産農産物の直売・卸売・アーティフィシャルフラワー・アレンジメントを行なっています!
企業様にも喜んで頂いています!新鮮で美味しい野菜。ベジフリークス合同会社の拠点、北海道石狩郡当別町の情報も発信しています!

View All Post
ベジフリークス 合同会社

ベジフリークス 合同会社

“農家とあなたが知り合い 農家・消費者・企業をつなぐきっかけをつくる” をミッションに
北海道産農産物の直売・卸売・アーティフィシャルフラワー・アレンジメントを行なっています!
企業様にも喜んで頂いています!新鮮で美味しい野菜。ベジフリークス合同会社の拠点、北海道石狩郡当別町の情報も発信しています!

View All Post
AREA :
Thanks For Reading. Please Share!