ライターのご紹介

賀老農園

豊作を願い「開墾の舞」を踊るコウタ

豊作を願い「開墾の舞」を踊るコウタ

 

鋭いパスを出すエースコウヘイ

鋭いパスを出すエースコウヘイ

石のラグビー部キャプテンケント

石のラグビー部キャプテンケント

 

日本最大級の高さを誇る賀老の滝。

滝の音さえ聞こえてきそうな賀老農園(がろうのうえん)の方々に出会いました。

彼らは、自然栽培の野菜づくりに生きようとする熱い男達。

2019年に立ち上げたばかりの1年目農園は突然に出会い、突然に始まったそうです。

  • 右:「畑への情熱」キャプテンケント
  • 左「豊作の舞」を踊り宇宙エネジーを注ぐバレリーナコウタ
  • 中央「仕事をしてるフリ」に忙しい釣り人コウヘイ

ここが農園であることを忘れる役者色の濃いキャラクター達。宇宙からみても摩訶不思議な光景なことでしょう。

けど、現実世界のコウタ君とコウヘイ君は、泣く子も黙る大企業のキャリア組。それを引退してでも、秘境で生きようと考えているチャレンジャー。

秘境で暮らす、その理由がシンプルに

「🥔じゃがい🥕人参作りを極めたい」「一年中釣りをしたい🎣」

秘境が好きになる理由です。

将来の夢を語らう二人

将来の夢を語らう二人(左:コウヘイ/右:コウタ)

キャプテンケントが新たに開墾する畑を見つめながら、その眼差しのその先に映っているのは、もしかしたらカレーライスなのかもしれない。

 

ケントまだ22歳です

ケントまだ22歳です

 

丁寧に開墾作業をしていたケント君はまだ22歳。

この村で育った最年少のファーマーは、最高峰のライフスキルを身につけていた。

  • 自然で生きていく力
  • 自然の動きを洞察/把握できる力
  • 目標から実行までの判断力
  • たくさん免許あるよ
  • 車にサイレンついてるよ

賀老農園の未来。

それは、若きキャプテンケントにあり、多くの自然を憧れる都会人も、ケントの背中を、足跡を追いかけていくことでしょう。

この日の夕食は、コウヘイが採ってきたキトピロ(ギョウジャニンニク)と、コウタが釣ってきたホッケ2匹。

彼らと共に食事をしながら…太陽が月に代わり、月が海に沈むまでずっと、賀老農園の将来を語り続けていた。

海に沈む月

海に沈む月

 

彼らが抱える課題…

  1. ハンモックを作って畑で寝る
  2. グーグルアース映えする畑デザイン
  3. 最高の種を手に入れる
  4. 白樺の木の植え替え
  5. 宮内庁御用達になること
  6. 畑に「宇宙エネルギー」を注ぎ込む

と、なまら楽しそうな「計画」ばかりであった。

次回、夏〜秋に賀老農園で収穫した野菜でカレーを作って

「賀老劇団の自然栽培野菜でカレーを作ってみた」を、お届けしようと思います。

8/21公開予定!どうぞおたのしみに。

 

※この日記に登場する人物・団体名はフィクションです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。