2019 MacBook Pro 8core 32GB 2TB SSD VEGA

映像制作用に新しいMacが届きました。

スペックは最強にカスタムしており、2019 MacBook Pro 8core 32GB 2TB SSD VEGA

4kでも8kマルチカムでもドンと恋っ!

です。

本体価格も凄いものがあるが、それよりもこれから入れていくソフトウェア、プラグインの方が果てしない。

Final Cut Proはもう10年は使ってるけど、Davinci Resolve に移行計画も進めている。

カラーグレーディングにはやっぱりDavinciかな。

基本的に映像制作のCF, STILL, documentaryのその多くでBGMはオリジナルを書きたい。

すると、ソフトシンセ波形や拡張プラグインだけで、効果音で、1TBほどSSD領域をデフォルトで占有する見込み。

ということは、映像エディットで本体内には1TBしか空きがない。

外部SSDもこれから増えて行きそう。

毎月3TB archiveされていく現状っす。

トランスコードファイルやレンダリングファイルや、イベントファイル共有で実質同時には2つくらいしか本体内ではプロジェクト並行して進められないので、写真の奥にあるMac Pro も2kですが、現役続行っす。