ライターのご紹介

人脈図とマインドマップ

前世から使ってたのだろうか…

物心ついた頃から、謎に類似する線を並べたり、並べ替えたり、枝分かれするものは分岐数を数たり、選択による未来の変化を推察するのに、未来の分岐の可能性を描いて推察したり…

マインドマップの原始のような使い方は、少年期からアドリブでやっていた。

スマートに洗練して学問レベルに昇華し体系化したのが、故トニーブザン氏であり、日本に持ち込んで教育レベルに発展させたのが天才アーティスト神田昌典氏。

その流れを汲み、自分も本格的にマインドマップを学ぶ機会に恵まれたことは、とても光栄でした。

マインドマップの応用は

  • 戦略構想
  • フューチャーマッピング
  • 解析と分析
  • プレゼンテーションやスピーチ
  • 習慣の改善
  • サイクル性の確認
  • 人事面接テンプレート
  • 記事骨子テンプレート
  • インタビュー骨子
  • 人脈図の把握
  • 商品開発
  • 言語学習

…と、

このように、仕事にもプロジェクトにも欠かせないマインドマップです。

この中で、個人的に最も多く時間を割きブラッシュアップを続けているのは、人脈図のマップです。

人と人は、結ばれること以外に、別れもある。悲しいことに発展するご縁と、発展しないご縁がある。

最も大切な木の根が腐れば、枝葉も、果実も、実らないことは必至であり、これは誰が紹介者によるご縁か?、というのはとても大きい。

ご縁には、法則が存在してて、出会いの系譜と根幹を深く洞察すれば、発展の未来が見えてくる。

良き出会いを継続し、善を循環させ、必要なことを補い合い、求めていた人が何処にいるのか?ーーー地図がなければ容易には見つけられない。

しかし、ご縁の人脈図に恩詰もりもせず、共有と、親友との多次元的なブラッシュアップを続けていれば、さらに大切な人脈に出会い、高度になれば自ずと人脈形成もできる。

現代はそうやってご縁を形成することも全国規模になってきた。

今後も大きな人脈図を広げて、これから出会う人に、善なる体験や、アクティビティと、そして、今いる大切な仲間のために、より強固な地盤を作り、可能な限りの時間を捧げていきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。