ヨーロッパはラーメン好きが多いものの、なかなか日本式のラーメン屋に出会うことが難しい。

そんな中で本場の味にありつけるのがドイツ。日本人居住者も多く、「本物の味」が身近である。

ドイツ滞在の3日間で毎日ラーメン屋を訪れたので、この記事ではそのラーメン屋を紹介します。

現地居住者のオススメを参考に訪れたので、海外に行けるようになるその日が来たら、皆様も是非訪問してみていただきたいです。


レストラン無垢(MUKU)

この投稿をInstagramで見る

 

Satomi Oda/TOKYO(@satomi_no_gohan)がシェアした投稿

 

ヨーロッパ各国から無垢(muku)の味を求めて来るという。確かに滞在中はずっと満席だった。
店員さんは日本人の方のみ。ヨーロッパにいながら日本の名店の味を味わえる感じがホッとする。
期間限定で横浜ラーメン博物館にも出店していたが、本店はフランクフルト。
この味を求めてフランクフルトに再訪する価値あり。ちなみに日本酒とおつまみもあるので是非!

 


 

Tokyo Ramen Takeichi Düsseldorf

 

この投稿をInstagramで見る

 

Satomi Oda/TOKYO(@satomi_no_gohan)がシェアした投稿

 

デュセルドルフについた夜。ヨーロッパの料理が苦手な私はここへ辿り着く。
店員さんもお客さんも日本人やアジア人がほぼ占めていた。
東京・新橋の武一より少し塩味が強めの印象だったが、ヨーロッパ仕様なのだろう。
つけ麺をいただいたが、スープ割りは出汁がしっかりしていて寒い冬のヨーロッパで五臓六腑に沁みた。
店員さんも皆さんとても感じが良く、ホーム感があった。

 


 

Takumi Restaurant

 

この投稿をInstagramで見る

 

Satomi Oda/TOKYO(@satomi_no_gohan)がシェアした投稿

 

ドイツから日本へ帰国する日の最後の食事に選んだのが、ここ。
常に行列が絶えず、なかなか行けなかった。ランチタイムの時間をずらしてもまだ並んでいたが、意を決して。
日本の居酒屋を彷彿とさせる威勢の良さ。具沢山の熱々ラーメン。
もやしもシャキシャキしてて食べ応えが抜群だった。
特に外国人に人気があるしっかりとした味でお腹が満たされた。

 

最後まで、お読みいただきありがとうございます。

興味が湧いた方は、旅行や出張ついでに是非訪れてみてください。

ドイツでおすすめのラーメン店3選【B級グルメ】でした。

 

パタゴニア