〜ハードルアーとフライで狙う〜夜釣りのロックフィッシング

285

11月の北海道で女性アングラー【NICO】とSHIMABLO取材班がロックフィッシングに挑戦! ソフトルアーでは物足りない我々はハードルアーとフライでの釣りに挑んだ! 漁港でクジラの○○や、GTを発見するNICOから目が離せない!


釣り初心者の“つり人NICO“がSHIMABLO HOKKAIDOとコラボレーション第一弾!

NICO 釣り
サクラマスを見事釣り上げたNICO

『森で暮らしたい!』の一心で田舎暮らしを決意し、実現させた「NICO」

『森で暮らすなら釣りも出来るようになりたい!』とSHIMABLO HOKKAIDOに参加した彼女。

釣魚だけに、こだわらずいろいろな角度から“自然を楽しむこと”をモットーに様々なジャンルの遊びにチャレンジしている。

しかし、数ヶ月前に失意の「アキレス腱断裂」

それもネタに変える天性の明るさと、ストイックさでいつも場面を盛り上げる姿は必見間違いなし!


漁港で発見!いろんな面白生物!

クジラの骨
クジラの骨とNICO

12月も目前。みぞれと北西の強風が真正面から吹き付ける北海道日本海。

こじんまりとした夜の港では、たくさんの面白生物たちが現れる。

フカフカの冬毛をまとった”キタキツネ”

南の海流に乗って、やってきたゼブラカラーの”イシダイの稚魚”

漁師の網から漏れた、深海の食いしん坊“タラ”

そして、打ち寄せられた“クジラ”は海の藻屑と化し、生きた痕跡を残す。

SHIMABLO HOKKAIDOが発見したものは、大きな脊椎骨の一部だ。

「NICO」が持つと、すぐにクジラのその巨大さを感じることが出来ることだろう。


ロックフィッシュがターゲット!ルアーフィッシングとフライフィッシングで挑む

ルアー フライ ソイ
ハードルアーとフライ(毛鉤)縛りでロックフィッシュを釣る

SHIMABLO HOKKAIDOのコンセプトは“遊び心と敬意を持ち、自然と向き合う”である。

ロックフィッシュ(根魚)。多種多様な釣りのジャンルの中では、近年においては割とポピュラーなジャンルになっている。

本来は、“ソフトルアー”や“ブラクリ仕掛け”を用いる釣りのイメージが高いと思う。

しかし、我々はあえて“ハードルアー”と“フライフィッシング”でロックフィッシュを狙った!

遊び心に溢れた釣りを、ぜひ一度ご覧ください!

今回NICOが使ったルアーはこちら!!

↓↓↓↓

Rapala(ラパラ) CDJ(カウントダウンジョインテッド) 90mm PKS(ピンクバックシルバー) CDJ9/CS
イトウを始めとする、トラウトの釣りでも鉄板のCJD!

ピンクは色も可愛いので、釣りガールにオススメの一品です!!

北海道内では、とてもポピュラーなルアー「ラパラCDJ」バルサ特有の泳ぎ出しと、テールが揺れ動く独特のフォールで全てのフィッシュイーターに効く超万能ルアーだ!

パタゴニア