SHIMABLO,しまぶろ,シマブロ
パタゴニア

シマヘビ(カラスヘビ)を捕まえて飼育してみることに

シマヘビ(カラスヘビ)を捕まえて飼育してみることに

こんにちは!オサカベです。

今回はヘビ捕獲動画を作ってみました。

北海道は春の陽気でしたので、草木や動物たちも元気になってきました。

 

今日出会ったヘビは、“シマヘビ”

このヘビの3つの特徴をご紹介します

  • 日本固有種
  • 茶色の体色に4本の横線模様
  • カエルが大好物

こんなところです。

しかし、今回の個体はレア個体で“カラスヘビ”と呼ばれている黒化型の個体なんです。

此奴、なかなかの希少種。

クサガメの雄のようにメラニン色素が要因の黒化なのか、非か、、、

通常のシマヘビの特徴

先にあげた特徴に加え他にも特徴があります。

  • 瞳の色が赤、あるいはオレンジ
  • アオダイショウと違い、平坦な田んぼや畑が好き
  • ヤマカガシと似ている
  • 水泳が得意
  • 雄同士で戦いをする。その様が「コンバットダンス」と呼ばれる

こんなところです。

本来であれば縞模様が特徴的なため、アオダイショウとの区別もつきやすいですし、私が住む北海道にはヤマカガシは生息していないため速攻見分けることができます。

また、私の営む田んぼにもよく出現します笑

 

そんな愛らしいシマヘビですが、今回捕獲したのは希少なカラスヘビ。

貴重なので映像化してみました!

ブラックボディのクールな“カラスヘビ”の捕獲シーンを是非ご視聴ください。

早速飼育してみることにしました笑

カラスヘビ飼育
このヘビは少し気性が荒い

今後の飼育過程をこのブログとyoutubeでもUPして行きますので是非チャンネル登録おねがいします!

SHARE
AREA
TAG
AUTHOR
刑部広平

刑部広平

1987年11月6日生まれ 北海道当別町出身 調理師、アウトドアアパレルメーカ Patagonia札幌北ストアを経て2019春に島牧村へ移住 Fourwin株式会社 セールスマネージャー 個人事業 千走商会 趣味のFlyfishingを楽しみスローな暮らしを目指している
1987年11月6日生まれ 北海道当別町出身 調理師、アウトドアアパレルメーカ Patagonia札幌北ストアを経て2019春に島牧村へ移住 Fourwin株式会社 セールスマネージャー 個人事業 千走商会 趣味のFlyfishingを楽しみスローな暮らしを目指している
sponsored link
patagonia
メンズ・マイクロ・パフ・フーディ 298 g (10.5 oz)
patagonia

ベビー・リバーシブル・トリブルズ・フーディ

patagonia
ヘビーウェイト・ウール・ニー・ソックス 91 g (3.2 oz)
patagonia
ウィメンズ・ロングスリーブ・キャプリーン・クール・トレイル・シャツ レディース FSDU XS
patagonia
ウィメンズ・ダスティ・メサ・パーカ レディース DNAT L

しまブロMAP

都道府県