パタゴニア プロビジョンズ
HomeOUTDOORFISHINGホーム渓流開幕

ホーム渓流開幕

北海道も夏日を連発するようになった6月半ばの今日この頃。

 

私がいる道央圏では6月1日が渓流釣りの解禁日(正確にはヤマメの解禁)でして、すでに渓流の釣果が聞こえております。

 

遅ればせながら、私もホーム渓流で開幕戦(プレオープン戦?)をやってきました!

私がホームにしている川って、けっこうな多雪地帯を水源にしてまして、6月に入っても雪代で水量増し増しな状況が続いてたんですよ( ̄▽ ̄;)

んで今日来てみると↓

 

まだちょっと水多めだけど、ポイントはあるから問題無し!!

ホーム開幕!!!!

 

こうしちゃいられない、次は魚の状況を調査せねば…

 

おっと、そうそう、

今回はあくまで下見なのでした。

シーズンの始めに、いつもアプローチするルートに危険な場所が無いか調べておくんです。

山深い林道などは雪崩や大雨、崖崩れで道が塞ってる事なんてザラですからね…

予期せぬ事態を回避するために、たとえ馴染みの場所であってもルートの下見は非常に重要なのです!

 

 

まぁ、何事もなかったんで釣りしますね(笑)

 

あ、クマのフンはありましたね。

北海道は市街地以外はみんなクマの生息地ですから、当然の事。常に要心すべきですね。

あ、フンの写真は載せないどきます(^_^;)

 

 

さてさて、準備ができたところで、

手近な流心脇のたるみに毛針(ドライフライ)を落とすと…

 

 

一投目から引ったくるように毛針を咥えてきたイワナ(エゾイワナ)さん!

(*´꒳`*)ご無沙汰しております〜

25cmくらいかな?ちょっと痩せてるね〜

冬越えが大変だったのかな?たくさん食べて大きくなれよぉ〜?

 

 

 

…キモイですねスミマセン(笑)

 

その後、20〜25cmほどのイワナを5匹釣って今回は終了。

50mくらいの範囲でこの釣果なら上々ですな!

 

さ、今度は仲間とガッツリ釣りに来よ〜っと!

(°▽°)

 

 

帰り道には初夏の山を飾るお花がたくさん咲いてました^_^

 

↑ハクサンチドリ

山奥の林道脇など、日当たりのよい草地で見かけます。

 

↑オオバミゾホオズキ

沢沿いなどでよく見かける。ホオズキとは名前だけで全然違う仲間。

 

↑タチカメバソウ

川沿いの林内や林道でよく見かける。

なんでこんな名前なんだろう…

 

↑タニウツギ

水気の多い明るい場所でよく見る低木。好き。

 

↑コンロンソウ

明るい林内、山中の道脇などで普通に見られる。

アブラナ科だからと友人がお浸しにしてみたところ、味はイマイチだったらしい。

 

 

 

色んな花が見れて楽しい季節です^_^

 

 

ではでは、また次回〜

 

 

 

 

 

 

以上、ちょっと遅めの渓流開幕レポートでございました〜

 

 

 

 

パタゴニア プロビジョンズ
パタゴニア
コバケン
魚と植物をこよなく愛する釣り人。 道央圏の水辺や山林によく出没します。
- Advertisment -パタゴニア プロビジョンズ

NEW POST