HomeOUTDOORFISHINGテンカラ三昧の夏でした
category :

テンカラ三昧の夏でした

こんにちは^_^

 

北海道はだんだん秋模様になってきましたね。

 

この夏にテンカラを覚えた僕は、週末になると渓流に出向いていました。

テンカラといっても、初心者の僕の場合は伝統的な毛針にはまだ不慣れで、視認性の高いドライフライを多用しています。

(テンカラは「シンプルフライフィッシング」とも言われるように、基本的な釣りの考え方はフライフィッシングと酷似しているので、ドライフライでも全く問題なくテンカラの釣りができます。)

 

こんなのや…

こんなの

 

最近はカメムシっぽいモノも使っています。

 

自作の毛針(フライ)で魚が釣れると、大きさに関わらず「やった!」という気持ちになります

(^ ^)

 

今シーズン釣った魚は↓の3種。

 

イワナ(エゾイワナ)

 

ニジマス

 

ヤマメ

 

渓流だとだいたいこの3種がメインです。

僕はまだ釣ってませんが、川によってはブラウントラウトもいますね。

 

特にイワナは貪欲な魚なので、毛針への反応はバツグンです!

警戒心が強いので、人の存在に気付かれてしまうとすぐ隠れてしまいますが…

それもまた良い練習になりますね〜

 

こんな場所で、そろそろ〜っと魚に気付かれないように下流側から近づいて…

 

この時のドキドキ感がたまりません(笑)

 

そしてなんといっても…

 

 

 

渓流は涼しい!!

\(^ω^)/

 

この夏は暑い日が多かったので、渓流の冷たい水には本当に助けられました(^◇^;)

来シーズンはウェットウェーディングで行くのもアリだなぁ〜

 

 

とまあ、テンカラ三昧の2020僕の夏でございました^_^

 

 

最近は少し肌寒い日も増えましたが…

まだまだテンカラは楽しめる気温です!

 

皆さんも、天気の急変や野生動物に十分気をつけて、秋の渓流を楽しんで下さい〜

 

それでは!!^_^

 

category :
コバケン
魚と植物をこよなく愛する釣り人。 道央圏の水辺や山林によく出没します。
Previous article’農’は絆である
Next articleVORTEX HOKKAIDO
- Advertisment -パタゴニア

NEW POST