8.5 C
New York
Tuesday, September 29, 2020
Home NATURE 益鳥 害鳥 天然記念物
category :

益鳥 害鳥 天然記念物

益鳥 害鳥 天然記念物
田にとり 虫を食べてくれる蛙は味方…
 それを食べるサギは害鳥かな〜

各地に 鳥追い歌 が残っているそうです
その一つに
 『オラが いっちにぐいとりは ドウ と サンギ と コスズメ…』
どうやら サンギ、 さぎは 憎まれていたようですね。大きな爪で苗を踏み込んでしまうし
では この歌に出て来るドウ とは 何でしょう?
クイズの得意な方はお気づきでしょう
朱鷺の事だそうです
朱鷺
北海道にも棲息していたほど ありふれていたそうですが
明治期 羽の色が美しい、 羽毛輸出用にと人気が出て激減し 農薬がとどめを刺したよう
慌てて保護しようとなったけど 間に合わなかった。
人間の その場、その瞬間の都合で 益、害、希少と騒がれているのですね。
江戸期鳥追いは 鳴子が工夫され 田に張り巡らし 年寄が 草鞋を作りながら番兵している様子が描かれています
こういう時 鳥追い歌が口ずさまれたのでしょう
現在の人間は圧倒的な力を持ちすぎて ゴウマンが進んでいますね
category :
波多野信夫
波多野信夫
島牧農業振興会 代表 1948年旭川生まれ。高校は林業科。海上自衛隊除隊後、北海道渡島半島に職を求め黒松内の森林組合に勤務。後に退職し現在は海、山、自給要件の揃っている島牧村へ移住して約30年になる。

NEW POST

梅花藻の清流とサクラマスの産卵とブルックトラウト

野生のラッコを探した翌日に道東地方の湧水河川に立...

インフレーション的増殖

豆殻から きのこが わさわさ 生...

chirai(チライ)という名のレストラン

以前から行きたかった旭川市の江丹別町にあるレスト...

元花屋がレクチャー・重陽の節句

重陽の節句をご存知ですか? 私も花を習うまで...

天然マイタケ見つけましたよ♬

じゃ〜ん! キノコの王様、天然マイタケ見...

阿寒川 fishing trip〜ウエア・ギア編〜...

  みなさんこんにちは。 前回のブロ...

野生のラッコに会いに行った話し

この話をすると驚く人が多いのですが、北海道には野...

VORTEX HOKKAIDO

\ トラウトステッカーズをアップしました! /...