種取り DNAと言う情報集合体

種をとる
その植物の
シーズンの終わりに
種を回収して
次のシーズンに備えること
種とり
とも言うが
オーガニックカルチャーが
少しづつ
社会共有し始めている
昨今
種を回収する
その
行為自体が
価値化している様に
感じる
言語感覚の衰退なのか
多用的理解度の劣化なのか
社会資本の減退に
良くみられる
手段の目的化
種をとる行為は
手段でしかなく
その目的は
環境順応を前提とした
DNAの継承
に他ならない
且つ、
DNAと言う
情報集合体を
どの段階に意味を置くか
シゼントトモニイキルコトの
勝手に生えてくるシリーズ
とは
この問題に対して
常にリーチしている

ソガイハルミツ

ソガイハルミツ

シゼントトモニイキルコト

1973年北海道瀬棚郡今金町神丘生まれ:ソガイ農園5代目、シゼントトモニイキルコト ユニットメンバーでありトマトソムリエ。高校卒業後、システムエンジニアを目指し大学進学のため札幌へ。大学在学中にスノーボードを始めたことがきっかけでプロスノーボーダーの道へ。国内外問わず年間約300日間を雪山で過ごす生活を経験。農を行うにあたり合理性を追求した結果、自然栽培・不耕起栽培のスタイルに行き着く。多趣味、多才な素顔でまさに北海道のコンテンポラリーファーマーのカリスマである。

View All Post
ソガイハルミツ

ソガイハルミツ

シゼントトモニイキルコト

1973年北海道瀬棚郡今金町神丘生まれ:ソガイ農園5代目、シゼントトモニイキルコト ユニットメンバーでありトマトソムリエ。高校卒業後、システムエンジニアを目指し大学進学のため札幌へ。大学在学中にスノーボードを始めたことがきっかけでプロスノーボーダーの道へ。国内外問わず年間約300日間を雪山で過ごす生活を経験。農を行うにあたり合理性を追求した結果、自然栽培・不耕起栽培のスタイルに行き着く。多趣味、多才な素顔でまさに北海道のコンテンポラリーファーマーのカリスマである。

View All Post
AREA :
sponsored link
patagonia

フット・トラクター・ウェーディング・ブーツ(アルミニウム・バー)

patagonia

メンズ・スウィフトカレント・ウェーダー

patagonia

メンズ・キャプリーン・エア・クルー

Thanks For Reading. Please Share!