秋分を迎え

夕陽を追い掛ける
三日月が見える頃

シゼトモの稲刈り
がはじまる

植物の生態
を理解することは

自然の摂理を
探求すること

無駄なく
シンプルであることが

ものの本質に
近づける

動的平衡は
穏やかに見えるが
その質量からなる
ポテンシャルは
より大きくなる

美味しいという
物差しは

高次元になるにつれ
内在する容積は
大きくなり

ガストロノミーの解釈は
より深くなる

シンプルであることの
解釈は
その複雑な多様性を
マクロで捉え
ミクロに
フィードバックさせることで
昇華へと繋がる