パタゴニア プロビジョンズ
HomeAREAHOKKAIDO秋分を迎え

秋分を迎え

夕陽を追い掛ける
三日月が見える頃

シゼトモの稲刈り
がはじまる

植物の生態
を理解することは

自然の摂理を
探求すること

無駄なく
シンプルであることが

ものの本質に
近づける

動的平衡は
穏やかに見えるが
その質量からなる
ポテンシャルは
より大きくなる

美味しいという
物差しは

高次元になるにつれ
内在する容積は
大きくなり

ガストロノミーの解釈は
より深くなる

シンプルであることの
解釈は
その複雑な多様性を
マクロで捉え
ミクロに
フィードバックさせることで
昇華へと繋がる

パタゴニア プロビジョンズ
パタゴニア
ソガイハルミツhttps://biastra.jp/i/relay/582
シゼントトモニイキルコト 1973年北海道瀬棚郡今金町神丘生まれ:ソガイ農園5代目、シゼントトモニイキルコト ユニットメンバーでありトマトソムリエ。高校卒業後、システムエンジニアを目指し大学進学のため札幌へ。大学在学中にスノーボードを始めたことがきっかけでプロスノーボーダーの道へ。国内外問わず年間約300日間を雪山で過ごす生活を経験。農を行うにあたり合理性を追求した結果、自然栽培・不耕起栽培のスタイルに行き着く。多趣味、多才な素顔でまさに北海道のコンテンポラリーファーマーのカリスマである。
- Advertisment -パタゴニア プロビジョンズ

NEW POST