環境さえ合えば

環境さえ合えば

いろいろなものが
あちこちで
育ちます

田んぼの畦道

イネ科と
シソ科と
つくしと
キク科と
ヤナギが生えてたり

6年株くらいの
アスパラガス

雑草と言われる
植物を排除し
お金に代わるものを作るのが
近代産業における
農家さんの業

ではあります

利益の追求が
善悪の基準になった段階で

それらの
業は
エゴイズムと
何ら変わらない
ものとなります

漸く日本でも
グリホサート系の除草剤
ラウンドアップなどが
発ガン性の問題視などで
問題視されはじめてます

その
表面上の利己主義
という視点では
植物を排除するという
意識層と大して変わりません

植物というものが
なんであるか

そこにおける
人と生態系

この時代の
近代文化は
文明としてなり得ているのか

価値なんてものに
本質的な意味は
ありませんが

ルサンチマンからなる
この社会が
よりマクロな
利己思想であること

シゼントトモニイキルコトの
スタンスです

明日
6月7日
18〜19時くらいの
どこかで
北海道ローカル
STVのどさんこワイドにて
シゼトモ特集
放送されるようです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。