8.5 C
New York
Tuesday, November 24, 2020
Home ORGANIC FARMER シゼトモLINEスタンプ
category :

シゼトモLINEスタンプ

もう
ご愛好頂いている方々も
多いですが

なんと
この度
ご縁あり
シゼトモの
LINEスタンプ
が登場しました

イラストレーター
Shima ちゃん products

皆さま
LINE利用されてる方は

わたしましま印+シゼ

と探してもらえると
シゼトモスタンプに
辿り着けます

ネットワーク
そもそも
言語すらも
何かをあらわせているのだろうか

「 りんご 」
という言葉は
り、と
ん、と
ご、の3つの日本語で
りんごという
共通記号を
共有しているだけ

つまり
りんごという言葉は
りんごというものを
あらわしている
訳ではない

共有することが
コミュケーションの
本質であるなら

その言語のもつ
意味は、何なのか

最大公約数的な
ニュアンスの共有は
一見、
便利なようにみえて
本質からは遠ざかる

デュシャンからはじまる
コンテンポラリーアートも
この
便利に対する
カンターカルチャーであり
アンチテーゼであったのだろう

そう言った意味で
文字を持たなかった
アイヌの文化
の根源的な思想は
自分たちと自然との共有から
生まれたのではないか

共有、も
便利、も
自然、も
単なる記号でしかありませんが

その
よりミクロな個にある
思想の中にこそ
本来の意味が介在する

それでも、
シゼントトモニイキルコト

世界平和
と言い続け

世界が
平和であることを
日々、願っております

category :
ソガイハルミツhttps://biastra.jp/i/relay/582
シゼントトモニイキルコト 1973年北海道瀬棚郡今金町神丘生まれ:ソガイ農園5代目、シゼントトモニイキルコト ユニットメンバーでありトマトソムリエ。高校卒業後、システムエンジニアを目指し大学進学のため札幌へ。大学在学中にスノーボードを始めたことがきっかけでプロスノーボーダーの道へ。国内外問わず年間約300日間を雪山で過ごす生活を経験。農を行うにあたり合理性を追求した結果、自然栽培・不耕起栽培のスタイルに行き着く。多趣味、多才な素顔でまさに北海道のコンテンポラリーファーマーのカリスマである。

NEW POST

社員をサーフィンに行かせよう〜パタゴニアのぶっ飛ん...

自分の仕事に意味を持ち、限られた時間で最大限に遊び...

パタゴニア “キャプリーン・エア ”寒さに勝つため...

極寒の自然環境で遊び尽くす、全ての方へ。 真...

給食は食べる教科書

「子供たちは、どんな給食を食べているの?そしてそれ...

ダムのスリット化

先日、お休みを利用して " 流域の自然を考えるネ...

FlyFishig De 11月の大型ニジマスを釣...

冬将軍到来まえの荒喰いを逃す前に 道...

自給自足的試み!鶏を絞めて丸焼きにするまでやってみ...

冬までたまごを産んでくれた鶏を絞めることになっ...