ライターのご紹介

“島シャトル”計画

わたくし、ホッティこと堀田は、定例で3月・6月・9月・12月に、軽井沢へ行ってます。

軽井沢での仕事内容は…

  • オウンドメディアプロデュース
  • ウェブサイト制作請負
  • グラフィスト/撮影
  • コンテンツ制作(ライティング)
  • リレーインタビュー取材
  • 定例会(懇親会)
  • 瞑想
  • 原点回帰

などなど。

本業のウェブ仕事と、軽井沢仲間との懇親会が盛り上がってます。

軽井沢への交通手段もここ3年間、空、鉄道、合わせ技、あらゆる交通手段を試みた結果、カメラ機材も増えた今、車移動にしてます。しかも寄りたいところだらけで下道で。

島シャトル計画とは、現在一人で、下記コースを勝手に周遊している事実を、スケールしてみんなも自由に利用できるようにしていきたい、年4回運行するシャトル構想です。

自由に乗車したいところから乗っても良し、自由に下車したいところで降りても良し、シャトル多分ぐるっと周ってまたまた迎えにも来れるかも?…

みんなでぐるり約3200キロの旅をしよう✨✨✨

島シャトル 年4回運行中

島シャトル 年4回運行中

島牧村

函館フェリーターミナル

青森フェリーターミナル

キリストの墓

秋田県矢立峠♨️

秋田県湯沢市♨️

福島県天栄村♨️

那須塩原♨️

軽井沢⇄東京🏁✨✨✨

群馬県草津♨️

秋田県湯沢市♨️

秋田県大館♨️

青森フェリーターミナル

函館フェリーターミナル

大沼・八雲町・七飯

島牧村

知床

島牧村千走🏁✨✨✨

2019年現在は、トヨタウィッシュで、乗車定員も、カメラ機材 + 俺 + 1名ですが…(笑)

  • どこが出発地点?
  • どこが終点地点?
  • コースは暫定的?
  • どこで寝るん?
  • Wi-Fiは?
  • 基本下道なの?
  • 何日かけていくの?

っていう不安と希望に満ちてますが、一緒に”島シャトル”に乗りたい方や、道連れ希望な方(笑)は、堀田まで。

とは言っても1人旅も、実は結構楽しんでます。

なんせ、この一周で温泉10箇所近くいきますし、食べ物もバリエーションが豊か、1日2件とか♨️温泉に入り目覚め、違う地の♨️温泉に入ってから寝る!みたいな。最高。

まず、初日は、島牧をでたら、青函フェリーで、青森から秋田県最北部の矢立峠の温泉にドライブ。

青函フェリーターミナル

青函フェリーターミナル

秋田県矢立峠 泉質が最高

秋田県矢立峠 泉質が最高

アツアツ100秒数えました♨️

アツアツ100秒数えました♨️

最高な島シャトルツアーを1人でしてますが、道中のランドマーク下調べのスキルアップを終えたら、仲間を道連れモードに入ることでしょう✨✨✨

2022年頃にはきっと、ケントが勝手にレクサス仕様に改造したコースター(8名乗り)で人狼ゲームでもやりながらツアーで決まりですねっ!

1人で村からシャトルを出発して、8人の秋田美人を村に連れて帰ってくるかも知れませんっ!(笑)

いつかそんな、“定期便の島シャトル” を日本中をぐるりと走らせてやる!

っていう意欲的な、パタゴニア的な記事でした。

で、今日は4月なのに軽井沢へシャトル便で向かってるのは、定期便(3月,6月,9月,12月)以外の、特別追加便です!

では!軽井沢にいってきます!✨✨✨

 

次回
「島シャトルに勝手にロゴシール⛰が貼られてる!」

 

お楽しみにっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。